キュービクル設置工事のForestがキュービクルについて解説しています。

キュービクルとは

キュービクル(キュービクル式高圧受電設備)の基礎知識

全国対応でキュービクル式高圧受電設備の設置工事を手がける「株式会社Forest」が、キュービクルの基本的な考え方や導入に伴う高圧受電契約について解説します。キュービクル式高圧受電設備の導入、新設をご検討の方はぜひ、こちらをご一読ください。なお、ご不明な点などございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

キュービクルとは?

大電力を要する工場、病院、商業施設が自前で導入・管理する小規模変電設備

大電力を要する工場、病院、商業施設が自前で導入・管理する小規模変電設備

キュービクル(キュービクル式高圧受電設備)とは、発電所から送電線を通って送られてくる6,600Vの高電圧を200VまたはVボルトに変換(変圧)して、工場や病院、オフィスビルなど各種施設で利用できるようにするための“自前”の変電設備です。

一般家庭や小規模事業所へは電柱上部の変圧用トランス(電力会社の管理物)で200V、100Vに変換済みの電気が送られてきますが、工場や各種施設などでは6,600Vを敷地内に引き込んでキュービクルによって必要な大電力を得ています。なお、電気の利用契約は「高圧受電契約」と「低圧受電契約」の2つに大別できますが、キュービクルを導入する工場や施設は高圧受電契約を行う必要があります。

キュービクルの種類

正式にはJIS規格で規定されているが、一般名称としてキュービクルが使われることも

正式にはJIS規格で規定されているが、一般名称としてキュービクルが使われることも

JIS(日本工業規格)では、「高圧(公称電圧6.6kV、系統短絡電流12.5kA以下の回路に用いる受電設備容量4,000kVA)の受電設備として使用する機器一式を金属箱内に収めたもの」をキュービクルと厳密に定義しています。ただし、一般には上記を超える仕様でも、金属製の箱に収納されている受変電設備であれば、同じようにキュービクルと呼ばれることも。

たとえばJEM(日本電気工業規格)による高圧受電設備のうち、電圧3.6~36kVを扱う金属閉鎖形配電盤は「金属閉鎖形スイッチギアおよびコントロールギア」と定義付けられていますがJIS規格のものと同様にキュービクルという呼称が使われる場合もあります。今やキュービクルとは「キュービクル式高圧受電設備」全般を指す一般呼称と言えるでしょう。

設備選定のポイント

安全性・信頼性が第一。導入コストやメインテナンス性、省スペース性も重視したい

安全性・信頼性が第一。導入コストやメインテナンス性、省スペース性も重視したい

高電圧・大電力の供給に欠かせないキュービクルだけに、導入にあたっては製品の安全性・信頼性をまず最優先して選びたいところ。もちろんJIS規格でもJEM規格でもその点ではまったく問題がありません。

しかし、一般的な配電盤であればJIS規格で十分ですが、JEM規格採用の配電盤なら一層の安全性・信頼性が確保されているので、長期にわたって安定稼動させる必要がある場合は、JEM規格の高圧配電盤を選択するのがベターです。

長期稼働を前提にしている場合は導入コストだけでなく、維持管理コストも考慮して設備を選定したいところ。できる限りメインテナンスがしやすい設計のものを選ぶとよいでしょう。また、設置スペースが限られているような場合は、安全性・信頼性・メインテナンス性に加え省スペース設計のキュービクルを選びたいところです。

高圧受電契約と届け出

高圧受電契約とキュービクル導入はワンセット

高圧受電契約とキュービクル導入はワンセット

キュービクル式高圧受電設備を導入する場合は経済産業省、管轄の消防署、電力会社にそれぞれ届け出をする必要があります。その内容については下記を参照ください。

主任技術者とは「電気主任技術者」のことです。自社に該当する技術者がいない場合は、電力会社を通じて保安協会を紹介してもらいましょう。また、受電電圧が10,000V以上の設備を導入する場合は、経済産業省に工事計画書を別途届け出る必要があるのでご注意ください。

高圧受電契約に必要な届け出・申し込み

届け出先 内容
経済産業省
  • 工事計画書(受電電圧10,000V以上の場合)
  • 主任技術者選任(電気主任技術者)
  • 保安規定
管轄の消防署
  • 機器配置図
  • 仕様書
  • 配線図
電力会社
  • 電力需給契約
  • 高圧引込工事申し込み

キュービクル導入で押さえておきたい4つのポイント

  • [point1]キュービクルは自社管理が基本の小規模変電所
  • [point2]電気利用契約には「高圧受電」「低圧受電」があり、キュービクルは前者
  • [point3]電力会社と高圧受電契約を結ぶにはキュービクル導入が必要
  • [point4]高圧受電契約は電力単価が安くなる→変電設備を自前で用意・管理するため
キュービクル基礎情報
会社情報