キュービクル設置工事のForestが新設工事についてご案内します。

新設工事

キュービクル新設工事

工場、病院、テナントビル、オフィスビル、店舗などに建設を予定されているのなら、キュービクルの新設は建設会社ではなく、「株式会社Forest」に直接ご発注ください。そうすることで、高圧受電設備の導入コストが格段に抑えられるからです。ここでは、全国対応で年間工事実績30件を誇るForestが、当社のキュービクル新設工事についてご案内します。

直接発注でキュービクル導入コストは格段に抑えられます

直接発注でキュービクル導入コストは格段に抑えられます

たとえばビルを建てるとき、元請けの建設会社が建物と同時に高圧受電設備の新設工事も手配するのが一般的。その場合、建築会社は電気工事会社にキュービクル施工をアウトソーシングします。すると、そこに中間マージンが発生しますが、その分のコストを負担するのはほかでもないお客様です。しかも、必要以上にコスト高になるだけでなく、安い金額で受注した電気工事会社が相応の仕事をこなそうとするため、施工品質そのものも低くなりがちです。その点、お客様からダイレクトに受注するForestなら、より小さな導入コストで、高品質の施工をご提供できます。もちろん、別途発注いただくのでご担当者の手間は増えますが、そのご苦労に報いるだけのリターンをお約束します。

高圧設備専門で実績を上げてきた当社だからできること

高圧設備専門で実績を上げてきた当社だからできること

建設会社からキュービクル工事だけを切り離すなんて本当にできるのか──そんなご懸念はもっともです。しかし、高圧設備専門の技術集団として当初からこのスタイルで実績を上げ、ノウハウを蓄積してきたForestなら、ムダのない業務フローと独自の仕入れネットワークにより、導入コストを大幅に削減できます。

コストだけではない。安全性・信頼性、運用・保守のしやすさ、拡張性も追求

コストだけではない。安全性・信頼性、運用・保守のしやすさ、拡張性も追求

高電圧・大電力の供給に欠かせないキュービクルだけに、導入にあたっては安全性・信頼性のある製品かどうか、施工品質が担保できるかどうかが優先課題です。また、長期稼働を考えると運用や保守のしやすさといった点も考慮が必要。将来、設備を増設することを考えると、導入当初から拡張性を確保しておかなければなりません。

その点、高圧受電設備専門に実績を重ねてきたForestなら、キュービクル導入に際してのこうした課題についても有効な解決策をご用意できます。また騒音など設備が環境に与える影響や高調波ノイズ発生によるトラブルについても適切な打開策を講じることが可能です。

万が一のトラブルでも安心の手厚い保証

万が一のトラブルでも安心の手厚い保証

万全な施工体制で設置したキュービクルでも、設備の不調やトラブルが生じることがあります。その場合は、当社が責任をもって修理・対策させていただきますのでご安心ください。問題となるのは、そのことによって損害が生じたような場合。Forestはこうした万が一に備え、「請負業者賠償責任保険」「生産物賠償責任保険」「機械保険」に加入しているので二重に安心です。

責任の所在も明確です

責任の所在も明確です

建設会社が全工事を一括して受注した場合は、どこかでトラブルが生じた際に責任の所在がわかりにくくなるという恐れがあります。しかし、キュービクルだけを切り離し、当社に直接発注いただければこうした齟齬は生じません。また、同じ電気設備でも低圧と高圧では施工区分が明確に違うので原因の究明、責任所在の明確化も容易です。

キュービクル工事