キュービクル設置工事のForestが代表のメッセージをご紹介します。

代表挨拶

代表挨拶

「株式会社Forest」の代表取締役・林史子が当社の基本姿勢、事業戦略、お客様への想いなどについてお伝えします。全国対応でキュービクル式高圧受電設備の設置工事を手がける当社の企業活動について知っていただくよい機会ですので、ぜひご一読ください。

マネのできない施工品質、低価格、行き届いたサービスをすべてのお客様のために

マネのできない施工品質、低価格、
行き届いたサービスをすべてのお客様のために

一定規模以上の電気を使用する建物や施設では設置が義務付けられている変電設備、それがキュービクルという商品です。では、なぜ義務付けられているのでしょう。もちろん、電力を安定して供給するための重要機器だからという側面はあるかもしれません。しかし、ほかにもきわめて大切な役割を担っています。

たとえば、災害時の非常用電源である点。地震や火災など災害への対策は不特定多数の人が集まる病院や商業施設では非常に重要な位置を占めます。また、電気設備や機器のトラブルなどで断線や停電が生じ、電源を共有している他の設備機器の故障を連鎖的に引き起こす、波及事故の防止にも役立ちます。

15%の中間マージンを払うのは無駄な支出

しかし、平素のメインテナンスが適切でなかったり、更新推奨時期に来ているにもかかわらず改修を怠っていたりすると、いざというときになって、こうした優れた特性を発揮できなくなってしまいます。そればかりか、安全性そのものが低下し、キュービクル本来の役割を果たせなくなるのです。

これだけ重要な設備でありながら、多くの企業様がゼネコンなどの建設業者に導入を丸投げしてしまうのは残念な限りです。その場合、15%にも及ぶ中間マージンが発生してしまうのです。当然、その分のコストがお客様の負担になるばかりでなく、安価で受注した下請の電気工事業者が「安かろう悪かろう」な仕事をした結果、安全性や信頼性が大きくスポイルされる結果にも。

どこにもマネのできない質の高いサービスをご提供します

安定した電力供給という重要な役割を担うキュービクルです。やはり、相応の技術力とノウハウを持つ専門のプロに施工を依頼されるのが得策。年間工事実績30件、熟練した技術者が結集するForestなら、建設会社とは切り離して、直接発注いただけるだけの優れた仕事をお約束します。

もちろん、施工品質の確かさだけではありません。私たちなら、メーカーとの太いパイプを活用した低コストの仕入れ、他社では考えられないキュービクルの短納期化など、当社の技術力、営業力をフルに生かしたサービスを余すことなくご提供できます。

どこよりも優れた施工品質、他社にはマネのできない低価格、独自の行き届いたサービスや提案──Forestならそのすべてをお客様のためにご提案できます。どうぞ、キュービクル新設・改修・入れ替えは技術力と提案力のForestにおまかせください。

株式会社Forest
代表取締役 林 史子